Flower Shop Maruyama Halloween

Halloween

Halloween

本来は聖夜の意味。イギリスでは10月31日の夜、カボチャなどのウリ類をくりぬいて提灯(ちょうちん)をつくり、藁(わら)人形やムギの穂でさまざまの動物をつくり、仮面、仮装して行列し、広場のたき火の周りで歌ったり踊ったりし、最後に人形を燃やす。これは古いケルト人(ドルイド教)の祭りで、秋の収穫を祝い、悪い自然霊や魔女などを追い出す祭りである。ケルト人の暦では10月31日は1年最後の大晦日(おおみそか)であり、翌11月1日は新年である。ケルト人にとってこのハローウィンの一晩だけは、地上をうろつく悪霊たちをすべて動物に移しかえて追い出すことができる夜と信じられていた。ウェールズの若者は女性に変装して村中を歩き、子供たちも「お化け」「海賊」などと叫んで騒ぎ、御馳走(ごちそう)を食べ、お菓子をもらう。現在、キリスト教では11月1日は万聖節Hallowmassであり、ハローウィンはその準備の前夜祭となる。古いケルトの習俗をキリスト教文化に取り入れた祭りの一つである。アメリカに移ってからは、おもに子供の祭りとしてにぎやかに騒ぎ、御馳走を食べる収穫の祝いの行事となっていった。


harown.jpg

どんなイベントなの?

万聖節(11月1日)の前夜祭に当たる行事で、もともとは古代ケルト人が秋の収穫を祝い、故人をしのぶために行っていました。日本のお盆のようなもので、この日に、亡くなった人の魂がよみがえるといわれています。

halown1.jpg

トリック・オア・トリートって?

ハロウィンの夜、子供たちは魔女やお化けに仮装し「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱え、近所の家を回ってお菓子をもらいます。よみがえった悪霊を寄せ付けないため、子供たちに仮装をさせたのが由来だそう。

halown3.jpg